闇金の勧誘、様々な手口

闇金の勧誘、今と昔

一度借りれば抜け出せない負のループを、地獄のように繰り返すことになる闇金への借金。

これまでであれば、資金繰りに困った人が自ら闇金業者の店頭に訪れ、自ら望んで契約をしていましたね。

店の前に呼び子と呼ばれるスタッフが立ち、道行く顧客に声を掛けては店に引き込む…そんな勧誘でした。

しかし貸金業法が改正されて以降は、闇金に借りない!違法な消費者金融にも借りない!そんな風潮さえ生まれました。

消費者金融会社はこぞって、親しみやすいCMを打ち立てたり、芸能人をイメージモデルにするなど、これまでの暗く高金利なイメージの払拭に走ることで、健全な金貸しであると世間に訴え成功しました。

さて、では闇金はその勧誘の手口をどのように変えたのでしょうか?


闇金の勧誘【ダイレクトメール】

現在の闇金業者が勧誘に使う手段として、一番メジャーなのは『ダイレクトメール』や『チラシ』の郵送だと言われています。

これに関しては、まず送り先の住所を業者がいかにして手に入れているのか?という疑問があります。
基本的に過去融資を受けたことがある債務者の名簿が、ヤミ業界では当たり前の売買されています。

名簿を元に、資金繰りに困っていそうな顧客をピックアップして、ピンポイントにダイレクトメールやチラシを郵送するパターンと、リストに記載されている全員にまとめて送付する2パターンがあります。

一度闇金や消費者金融を利用したことがある人は、再利用する可能性が高いとされています。
たとえ借金を完済していても、その完済した実績が自分の中で自信となってしまい
「一度は返せたんだから、また借りても大丈夫」と考えてしまうのです。

闇金が勧誘に使うダイレクトメールやチラシには、金利優遇や初回利息無料などのお得な情報が盛り込まれており、お得だと勘違いして契約すると、返済地獄が待っています。


闇金の勧誘【電話】

先ほど、過去に消費者金融を利用した人の名簿が出回っていると書きましたが、名簿ですから住所だけではありませんよね?

なお最近はコールレディと呼ばれる女性の電話勧誘のバイトを雇い、電話帳を頼りに電話で融資のアポイントを取り、後日男性社員が融資の相談を行う手口が横行しています。
もしも直接家に柔らかい物腰の女性が融資を持ち掛ける電話を掛けてきて、しかも心当たりがなければ「闇金かも?」と疑って下さいね。

こちらもダイレクトメールと同じで、過去の取引状況を確認したうえで、ピンポイントに融資の電話を掛けて勧誘をしますが、警察に通報されては本末転倒ですから、昔ほど強引な勧誘はないようです。


闇金の勧誘【ホームページ】

スマートフォンが凄い速さで浸透していますね。

パソコンを持たずにスマーフォンだけで情報収集を済ませる若者も急増しており、現在はスマホからも閲覧可能な貸金目的のホームページも急増しています。

ホームページは一見、闇金なのか消費者金融なのか素人目には判断しづらいサイトも存在します。

「30日間無利息キャンペーン」や「女性専用低利率」など、顧客を引き付けるためのキャッチフレーズが画面上に飛び交っているようなサイトは信用してはいけません。

業者名をメモ帳などに控え、その業者が信用にあたるかどうかレビューや利用者の声を検索して評判を確認するなど、契約に至る前に調べると少しは安心ですが、それでもトラブルによる苦情が減りません。


闇金の勧誘【新聞・雑誌】

インターネットが普及したとはいえ、高齢者の中には、デジタル機器が苦手という方も少なくありません。

スマートフォンやPCを持たない世代に融資の勧誘をするとなれば、紙面…例えば新聞や雑誌の広告が最適ですね。

近年、定年退職をした年金受給者が生活費の不足を補おうと、融資を希望するケースが相次いでおり、新聞や雑誌に広告を展開した業者に契約したところ、結果的に年金を巻き上げられる被害が相次いで報告されています。

資金繰りに困っている人であれば老若男女問わず闇金業者には恰好の獲物でしかありません。




一見詐欺?と思われるような手口で融資の勧誘を行う闇金も確認されています。
「得する話」「美味しい話」には裏があると覚え、無駄な借金を作らないようにしましょう。

どうしても抜け出せない借金の返済地獄に悩んでいる方、しつこい闇金の勧誘に悩んでいる方は早めに専門家への相談をおススメします!