はじめに

現在、ヤミ金被害は深刻化な社会問題となっています。

どんなに法律で規制をしても闇金融業者は、姿形を変えてはびこり続けています。
ヤミ金なんて自分には関係ないと思っていても、あの手この手を使い、意外な形であなたの身近に忍び寄って来ます。

『闇金融の借金相談ガイド』では、ヤミ金被害に遭った方の救済を目的としているだけでなく、闇金被害に遭わないために気をつけておきたい様々な情報を掲載しています。

闇金融の実態を知り、その恐ろしさを理解してもらうことで、少しでも被害防止に繋がることが出来れば幸いです。


ヤミ金問題は相談して解決

闇金業者への元金返済は不要です!

現在、「利息は支払う必要はないが、元本を返すのは原則」、「利息は被害者に返金し、元本はヤミ金に返す形が正当」などの誤った理解が広まっています。

こうした言説がまことしやかに語られている理由としては、「事の経緯はどうあれ、借りたものを返さないのでは、モラルハザードを引き起こす」という考えがあるためです。

しかし、ヤミ金は、「著しく高利の貸し付けという形をとった反倫理的行為」であるため、ヤミ金に対しては、利息はもちろん、元金に関しても一切支払う必要はありません。


不法原因給付について

不法原因給付とは、不法な原因(公序良俗)に反してなされた給付とされ、ヤミ金の貸付けはこれに該当します。

不法の原因による法律行為は無効であるため(民法 第708条)、給付したものは返還を請求することが出来ません。

給付者は、物であれば所有権を失い、債権であれば、その権利を失うことになります。


ただし、ご自分で解決するのは難しいケースが多いため、根本的な問題解決を図るには、闇金対応に特化した交渉力のある専門家に相談しましょう。

闇金被害から抜け出すためには、法律の専門家に相談することが確実で最短の解決方法です!


ヤミ金問題を扱う法律の専門家とは、弁護士・司法書士のことです。


弁護士 : 弁護士は、法律のオーソリティであるため、全ての法律行為の代理をすることができ、あらゆる種類の法律相談をすることが認められています。出来ることの範囲は広いですが、一般的に依頼費用は高い傾向にあります。

司法書士 : 法務大臣の認定を受けた司法書士(認定司法書士)は、法律行為の代理人になることが可能です。ただし、訴訟物の価額が140万円以下の事件という制限が設けられています。ヤミ金問題は、比較的費用の安い司法書士に依頼される方が多いようです。


弁護士・司法書士にもそれぞれ専門の分野があります。ヤミ金被害を依頼するなら、当然、ヤミ金問題を専門に扱うところにお願いするのが望ましいと言えます。

当サイトでは、闇金解決で定評のある法律事務所・法務事務所を紹介しています。

ヤミ金に強い専門家はこちらから⇒ 闇金被害相談所


闇金との決別方法

闇金と決別するためには、闇金に負けないという強い精神力を持つことです。

闇金業者は、出資法に違反している違法金融業者なので犯罪者です。

そのため、いくらお金を借りたという引け目があるからといって、その圧力に屈してはいけません。

ここで言う強い精神力とは、どんなに脅され請求されてもお金を支払わないという強い意志のことです。


しかし、闇金業者は、そもそも法律違反は承知の上なので、過度な取立てや請求は当然のように行ってきます。

放っておけば、あなたの家族・友人・知人・勤務先などへも違法な方法で取り立て・嫌がらせを行うこともあります。

なので、個人で対応するのは極力避け、闇金対応している弁護士・司法書士など法律の専門家に相談するようにしましょう。


しかし、専門家に依頼をして解決したとしても、別の手口で近づいてくることもあります。そのため、解決後も再度、闇金に手を出さないために防止策を考えておく必要があります。

違法金融業者は、一度手を出した人間を放しません。

またあなたをカモにしようと企み、あらゆる手段でアプローチをしてきます。

ですが、このような誘いには絶対に乗ってはいけません。少しでも怪しいと思ったら絶対に関わることのないようにして下さい。

ここでお金を借りてしまえば、また同じように闇金被害に頭を悩ませなくてはいけなくなるのです。

このように、最終的に大事になるのは、闇金と手を切るというあなたの強い意志なのです。


闇金被害相談所はコチラから