法定利息の5倍超もむしり取る、福岡市の闇金業者を容疑で逮捕

法定利息の5倍超もむしり取る、福岡市の闇金業者を容疑で逮捕

2015年05月14日


福岡県警生活安全総務課と福岡西署は14日午前8時22分、福岡市中央区平尾浄水町の無職男を、貸金業法違反(無登録営業、公的給付に係る預金通帳等の保管)と出資法違反(高金利受領)容疑で逮捕した。


調べでは、男は福岡県知事の登録を受けずに、いわゆる闇金融業(闇金)を営み、平成23年12月ごろから26年12月ごろまでの間、福岡県内に住む女性(44)ら3人に、事務所内で合計207万7000円を貸し付け、違法に金融業を営んだ疑い。


貸し付ける際に、天引きなどで、法定利息で算出される利息合計38万円あまりを5倍も上回る201万4000円の利息を受領した疑い。


また、貸し付ける際の契約で、公的給付が振り込まれた時に債権の弁済を受けることを目的として、被害者らの通帳やキャッシュカードを保管した疑い。




参照元:西日本新聞 http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/168791