闇金のターゲットになる人は?

闇金業者はすぐにでもお金が必要としている人をターゲットに勧誘のメールや電話を行なっています。

闇金業者は、カモリストと呼ばれる名簿を共有しており、そういった人をターゲットにして融資を狙っているのです。

どういった人がリストに入っているかというと以下の人がリストアップされています。

多重債務者

やはり一番お金を必要としている人間として狙われるのは、複数の貸金業者からお金を借りている多重債務者でしょう

お金を借りたという記録は信用情報として金融機関内で共有されています。
なので、多重債務をしている人は正規の金融からは新しく借金することはほぼ無理でしょう
そんな人間を狙って闇金は「すぐに融資が出来ます!」と近付いてきます。

中小企業の個人事業主


中小企業の事業主で資金繰りに困っている人も闇金のターゲットになりやすいでしょう。
闇金の中はビジネスローンの借り入れをしている人の名簿を持っている業者も多く、すぐにお金が必要な心理を利用して高金利の貸し付けをしています。

自己破産、債務整理をしている方


自己破産をすると10年、債務整理をすると5年程借金を整理したという信用情報が残ります。

債務整理の記録が残っている間は、審査する際には必ずチェックされて正規の金融機関からは借り入れをかなり難しい状況になります。
債務整理をしたという事はお金を借りたけど返済できずに軽減してもらったという事なので、金融機関もそういった人間に貸す事は余りないでしょう。

そういった債務整理をした人間を狙うのが闇金です。

闇金の広告に「ブラックOK」の謳い文句が必ず入っているのを考えると、債務整理経験者が主な利用層だという事がよく分かるでしょう

正規の業者からは何処からも借りられないので、闇金としては一番わかりやすい相手です。

総量規制で借りられなくなった人

総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れを行なう事ができなくなった専業主婦も闇金被害にあっているというケースが多くあります。
他にも年金で暮らしている高齢者に対しても年金を担保にしてお金を貸すという手口も話題になっています。


まとめてみると借金が出来なくなった人がターゲットにされています。
すぐにお金が必要になったというので、ちょっとだけという気持ちで借りている人も多くいますが、一度でも闇金から借り手しまうと完済できない借金地獄へと引きずりこまれてしまいます。

闇金の勧誘が来たとしてもまず借りずに無視してしまうことが大切です。