ヤミ金の収益を上納金に 容疑の住吉会系組長逮捕

ヤミ金の収益を上納金に 容疑の住吉会系組長逮捕 警視庁

2015年10月01日


傘下組織からヤミ金で得た金を受け取ったとして、警視庁組織犯罪対策1課は組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で、指定暴力団住吉会系組長、沼沢春男(85)=東京都墨田区太平=と、同組幹部、荒木光義(45)=同区江東橋=の両容疑者を逮捕した。


 同課によると、ともに容疑を否認している。


 金の一部は住吉会へ流れたとみられ、同課は9月30日、港区の住吉会本部を家宅捜索した。


 逮捕容疑は昨年12月上旬、墨田区内の組事務所で、傘下組織の組長らが貸金業法違反事件で得た犯罪収益の一部である現金30万円を上納金として受け取ったとしている。


 同課は6月、貸金業法違反で傘下組織の組長ら5人を逮捕。組長らの供述や通話履歴などから今回の事件が判明した。





記事元:産経新聞 http://news.livedoor.com/article/detail/10657725/