ヤミ金から借りたお金は返さなくてはいけないの?

一般的に、ヤミ金から借りたお金は、利息はもちろん、元金も返済する必要はありません。



ヤミ金は、貸金登録を行わず営業を行っているため、貸金業法に違反しています。

また、違法な高金利による貸し付けは出資法(金融業者は年20%超、金融業者以外は年109.5%超の金利の契約を禁止)に違反しています。

このように、ヤミ金の貸し付け行為は、公序良俗に反した不法なものなのです。



これは、民法708条の「不法原因給付」にあたるため、契約自体が無効となります。





(不法原因給付)  民法第708条1項

不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。

ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。



このように、ヤミ金から借りたお金は、一切払う必要がありません。




また、闇金問題を専門に扱う弁護士・司法書士などの専門家が間に入ることにより、今まで返済してきたお金を取り返すことが出来る場合もあります(不当利得返還請求)。





ただし、「不法原因給付なので返す必要がない」ということを知った上でお金を借り、返さない場合は詐欺罪に問われることもあるため、絶対に行わないようにしましょう。